矯正歯科

矯正歯科治療・歯列矯正について

歯並びを良くするだけでなく、顎の機能、咀嚼システムの正常化を行う治療

矯正歯科治療は、歯並びを良くするだけでなく、顎の機能を含め咀嚼システムの正常な発育促進と維持を目的として行う治療です。基本的に年齢制限はありません。
口腔内が健康であれば、何歳でも治療可能です。

矯正専門医(認定医)が治療するのでご安心下さい。

当歯科医院では、まだ日本で350名程しか試験をクリアしていない厚労省が認可する日本矯正歯科協会専門医を取得した矯正専門医が治療にあたります。公正で厳格な審査をクリアした質の高い矯正治療をご提供致します。

矯正担当医師 秋山真人

矯正担当医 秋山真人
矯正担当医 秋山真人
【認定資格】
日本矯正歯科協会認定専門医
日本矯正歯科学会認定医
インビザライン認定ドクター

【所属学会】
日本矯正歯科協会、日本歯科矯正専門医学会、与五沢矯正研究会、日本矯正歯科学会、日本舌側矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本顎変形症学会、WFO (世界矯正歯科学会)、AAO(米国歯科矯正学会)

▶詳しくは当医院矯正担当医のHPをご覧下さい。
※リンク先はひたちの矯正歯科医院HPとなっておりますが、これは当歯科医院の矯正担当医のサイトです。弘南歯医院では矯正専門医と提携した質の高い治療をご提供しています。まずは、お気軽に御相談下さい。

矯正装置について

装置の種類は大きく分けると2種類に分けられます。
①可撤(かてつ)式の装置:
取り外しができる床タイプの装置(主に小児に使用します)

②固定式の装置:
ワイヤーなどを固定して使用する装置(主に永久歯列期での本格矯正治療に使用します)
当歯科医院では患者様の状態やニーズに合わせて、多くの矯正装置の中から最適な装置を選んで使用します。

大人・成人向け矯正装置

大人(永久歯列期)の矯正装置の種類

子供・小児向け(第1期 混合歯列期)の治療終了後に行う最終的なかみ合わせを整える治療や、第2期 永久歯列期(おおよそ12歳以上)から行う治療がこれに該当します。

歯の表面に固定する「ブラケット」とワイヤーで力を歯に伝える事によって歯を動かします。
標準の治療方法である表側の金属ブラケットは目立ちますが、その他に、目立ちにくい透明ブラケットや、裏側に固定する裏側ブラケット、ワイヤーを使用しないインビザラインなどの矯正治療があります。

ベーシックな表側の矯正装置(メタルブラケット)
表側の矯正装置(メタルブラケット)
金属のブラケットを使用するタイプです。目立ってしまいますが、安いからといって治療期間や仕上がりが劣る事はありません。

見た目 期間 違和感 価格 清掃性
×
目立たない表側の矯正装置(審美ブラケット)
目立たない表側の矯正装置(審美ブラケット)
透明なブラケットを使用するタイプです。そのため目立たちにくく、裏側の装置に比べて違和感が少ないことが特徴です。歯磨きがしやすいため、お子様の治療に最適です。

見た目 期間 違和感 価格 清掃性
ほとんど気付かれない矯正治療(上顎が裏側、下顎が審美ブラケット)
上顎が裏側矯正、下顎が審美ブラケット
上の歯は裏側の装置で、下の歯は目立たない表側の装置を組み合わせた治療方法です。笑ってもほとんど下の装置は見えることはありませんし、裏側矯正で問題となる違和感も下の装置を表側にすることで解決されました。

見た目 期間 違和感 価格 清掃性
全く気付かれない矯正治療(上下顎裏側ブラケット)
上下顎 裏側矯正 舌側矯正
全く気付かれずに歯並びを治したい方にお勧めの治療方法です。従来のブラケットはサイズが大きく違和感や発音障害がでました。
当医院ではそれらに配慮して設計された最新のSTBブラケットを使用しており、従来の装置に比べて違和感を軽減しております。

見た目 期間 違和感 価格 清掃性
ほとんど気付かれない取り外しのできる矯正治療(インビザライン、クリアライナー)
矯正治療(インビザライン、クリアライナー)
取り外しのできる矯正装置です。取り外しが出来るため矯正治療による虫歯のリスクはありません。デメリットは矯正力が適正に伝えづらく、歯の移動に限界があるため適応症例が限られていますがスキッパや軽度のデコボコ症例の治療には有効です。

見た目 期間 違和感 価格 清掃性
×

小児向け矯正装置


子供(第1期 混合歯列期)の治療の目的は、上下あごのバランスを整えたり、第2期(永久歯列期 成人向け本格矯正)治療を容易にすることです。
治療方法は様々な装置を使用して、アゴ骨の成長のコントロールや、歯を支えている歯槽骨の拡大などを必要に応じて行います。
小児の治療に利用する装置の一例をご紹介致します。 (これらの装置は成人矯正治療でも使用する場合があります。)

上下あごの不正を改善する装置

上下あごの不正を改善する装置 バイオネーター
バイオネーター
下あごの劣成長を改善する装置で寝る時のみ装着します。

歯列を拡大する装置

歯列を拡大する装置 拡大床
拡大床
歯列の幅が狭く永久歯が収まりきらないと予想される場合に、歯列の幅を広げる事によって永久歯が並ぶスペースを作るための装置。飲食時以外は装着します。


その他の各種装置

歯列を拡大する装置 リンガルアーチ
リンガルアーチ
虫歯などにより早期に乳歯が失われると、隣の歯がその隙間に移動してしまい、永久歯が出てこれなくなってしまいます。そこで隣在歯が移動しないようにワイヤーで固定します。

矯正歯科治療の症例・治療例

出っ歯・上顎前突の矯正治療例

矯正治療前

出っ歯・上顎前突 矯正治療前

矯正治療後

出っ歯・上顎前突 矯正治療後

矯正治療前

出っ歯・上顎前突 矯正治療前

矯正治療後

出っ歯・上顎前突 矯正治療後

乱ぐい歯・叢生の矯正治療例

矯正治療前

乱ぐい歯・叢生 矯正治療前

矯正治療後

乱ぐい歯・叢生 矯正治療後

裏側矯正・舌側矯正の治療例


歯の裏側に装置等を付ける舌側矯正での治療例です。審美的に優れており、見た目には矯正をしているように感じさせません。

装着時(表側)

装着時(表側)

治療後

舌側矯正 裏側矯正 治療後(表側)

装着時(裏側)

装着時(裏側)

治療後

舌側矯正 裏側矯正 治療後(裏側)

矯正歯科治療の費用・料金価格について

当歯科医院では、国の私・国公立大学付属病院における矯正治療費を基準にし、納得のいく治療費で良質な矯正治療が受けられるように配慮しております。
また、患者様に安心して治療を受けて頂くために、当院では治療前に、検査により決定した治療終了までの全ての費用をお知らせ致します。

矯正歯科治療の費用・料金価格

矯正初診・相談料 3,000円(税別)
矯正検査診断料 30,000円(税別)
矯正治療基本料 乳歯列期  30,000円(税別)
混合歯列期 50,000円(税別)
永久歯列期 100,000円(税別)
※舌側(裏側)矯正治療加算料 片顎  50,000円(税別)
上下顎 100,000円(税別)
矯正材料及び装置料①
唇側(表側)ダイレクトボンディングシステム 金属(銀色)-片顎  150,000円(税別)
金属(銀色)-上下顎 300,000円(税別)
プラスチック(歯色)-片顎  200,000円(税別)
プラスチック(歯色)-上下顎 400,000円(税別)
舌側(裏側)ダイレクトボンディングシステム 片顎  400,000円(税別)
上下顎 800,000円(税別)
矯正材料及び装置料②
オトガイ帽装置(チンキャップ) 50,000円(税別)
機能的矯正装置(バイオネーター・ムーシールド等) 50,000円(税別)
拡大装置(コフィンの拡大弧線装置等) 50,000円(税別)
その他の矯正装置(パラタルクライブ等) 30,000円(税別)
保定装置 片顎  25,000円(税別)
上下顎 50,000円(税別)
処置料 混合歯列期 5,000円(税別)
永久歯列期 10,000円(税別)
経過観察料 3,000円(税別)
早期経過観察料 1,000円(税別)
各種手術料 開窓術   5,000円(税別)
萌出歯抜歯 4,000円(税別)
埋伏歯抜歯 15,000円(税別)
※治療の状態によっては、矯正装置等、途中変更する場合があります。




▼診療予約・お問い合わせはこちら

TEL:0172-26-0888

TEL:0172-26-0888


お問合せフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加